雑誌の表紙に「チャン・グンソク」  それで売上げ急上昇という異常事態

印刷

   来日中の韓国人俳優チャン・グンソクさんが異様な人気ぶりを見せている。雑誌の表紙に「チャン・グンソク」という文字を入れるだけで売上げが上がるというのだ。CMに登場した商品もばか売れするなど、すさまじい勢いだ。

   チャンさんは、1987年生まれの23歳。身長187センチのスラッとした体型に、女性と見誤るほどの甘いマスクが特徴だ。

「表紙に文字入れるだけで2~3万部違う」

女性週刊誌は「グンちゃん」ばかりだ。
女性週刊誌は「グンちゃん」ばかりだ。

   日本では、2010年夏にチャンさんが出演したドラマ「美男<イケメン>ですね」(韓国SBS)がフジテレビで放送されて大ヒット。中年女性だけでなく10~20代の若い女性の間でも人気となり「グンちゃん」の愛称で親しまれている。歌手としても活動し、2011年4月下旬に発売されたデビューシングル「Let me cry」はオリコンの週間ランキングで1位を獲得。初登場の首位は男性ソロ歌手としては近藤真彦さん以来30年ぶりだという。

   04年頃に起こった第1次韓流ブームでのペ・ヨンジュンさんの人気を超えるのではないかとも言われ、チャンさんが関連するものは全て売れるというブームになっている。

   チャンさんを特に積極的に取り上げているのが女性週刊誌だ。2011年6月29日放送の情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS)に出演した「週刊女性」の倉次辰男編集長は、「チャン・グンソク」の文字を表紙に入れるだけでも2~3万部は多く売れ、「大体1000万円分の売上効果は感じている」と語っていた。

   また、「an・an」も3月に発売した号でチャンさんを表紙にしたところ、品切れが続出し、約28万部も売れたという。

あまりの人気に本人は「正直怖い」

   サントリーは3月に発売した缶入りマッコリ「ソウルマッコリ」のCMにチャンさんを起用したところ、発売から2か月で、当初の年間販売目標としていた35万ケースを達成。目標を100万ケースに上方修正した。サントリー広報は「元々20~30代の女性をメインターゲットにしていた。色々な要因があるが、チャン・グンソクさんのCMも大きかった」と話す。

   7月27日に複数バージョン発売される写真集も6月29日18時現在、アマゾンの書籍ランキングで早くも12位にランクイン。DVDが付属するバージョンはDVDランキングでAKB48らに続き4位に入っている。

   ただ、本人はこうした状況に若干戸惑い気味らしい。来日した6月28日に行われた会見では日本での人気について「正直すごく怖いです。短い間にこれだけ多くの方に愛され、ブームになっているので」と話していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中