明石家さんま告白 「60歳でテレビ出演やめる」

印刷

   タレント、明石家さんまさん(56)が「60歳になったらテレビ出演をやめる」と発言し、話題となっている。

   発言があったのは2011年7月2日放送のバラエティ番組「さんまのまんま」(フジテレビ系列)でのこと。ゲスト出演した吉本興業の後輩、千原ジュニアさんの質問に答えるという形で番組が進められた。

「おっさん連中がテレビですぎやで」

   その中で、いつ辞めるのか決めているのか、と問われ「一応60くらい、テレビからはね」と返答した。

   さんまさんによると、自身を始め、ビートたけしさん(64)、島田紳助さん(55)、笑福亭鶴瓶さん(59)ら、何十年も前から現在までテレビで活躍しているベテラン芸人は、「ここまで出るとは思っていない」。たけしさんに至っては「おれたち3回くらい宝くじ当たったようなもんだよな」とよく言うのだという。それほど幸運だということなのだろう。

   だが、「いつまでも年取った芸人がテレビうろちょろしてたらテレビが面白くなくなる。絶対そう」とも力説する。

「いじり芸」に限界感じる?

   千原さんから「テレビ観てる人は、知らない人が出てるよりも昔から知ってる人が出てた方が安心する」と言われても、「安心するけど おっさん連中がテレビですぎやで」。若い次の世代が出てくることで「帳尻が合うねん」。年をとったことで自分が衰えているとはまだそれほど思っていないが、「これはあかんな」と思ったら自分の判断で辞めるという。

   舞台やゲストとしてのテレビ出演は続けるとしているので、現在のように冠番組を持って毎週テレビに出ることは辞めるということなのだろう。また、60歳になって周囲から「もうちょっとやって」と言われれば、「もうちょっとやるかも」ともしていて、まだ少し悩んでいるようだ。

   さんまさんの突然の告白はネット上でも話題となり、「さんまはかっこいいな」「本当に潔くやめそう」といったものや「さんまがいなくなったら日本が少し暗くなる」「今は元気な年配の方も多いし、60超えてもいけるんじゃないのかな」といった反応が寄せられた。

   芸能評論家の肥留間正明さんは

「さんまやたけし、紳助がテレビに出続けているのは、若い連中で上を抜けるのがいないということ。たけしなんかがデビューしたときは上の世代を完全にやっつけていましたよ。ただ、『踊るさんま御殿』とかもそうだけど、さんまの芸は基本的に女性や子どもの共演者をいじる『いじり芸』。さんまはもう、60過ぎていじり芸だと限界があるって自分で感じているんじゃないだろうか。これ以上稼ぐ必要もないし、リニューアルするという意味でも、辞めるというのはいい考えだと思う。同じような年齢で辞めた上岡龍太郎みたいに時々テレビに出て、悠々自適に生きるのもいいもんですよ」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中