18年冬季五輪に韓国・平昌 20年夏季狙う東京への影響は?

印刷

   国際オリンピック委員会(IOC)は2011年7月6日の総会で、18年冬季五輪の開催地に韓国・平昌(ピョンチャン)を選出した。平昌は過去2回落選していたが、今回は1回目の投票で2位以下に大差をつけて決まった。

   同じアジアの都市という点で、東京の20年夏季五輪の誘致が難しくなったという観測も出ている。

   IOCのジャック・ロゲ会長は会見でこうした見方を否定し、「夏季五輪と冬季五輪は違い、何の障壁にもならない」との考えを示した。一方、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は「どういう影響があるかを分析して判断したい」とコメントし、「トータルに判断して勝てる方程式ができなければ立候補しないこともある」と立候補を見送る可能性も示唆している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中