なでしこジャパン、あと2勝だ! 女子サッカー「メジャースポーツ」になるか?

印刷

   世界に響き渡った「なでしこジャパン」の大金星だった。女子サッカー・ワールドカップで日本が大会3連覇を狙う本命ドイツに1-0の勝利。メジャースポーツへの大きな手がかりをつかんだ。

「相手がドイツと決まったとき、日本は失うものはない、と思っていました。とにかく思い切ってやろう、と」

   選手たちは腹をくくって試合に臨んだ。前後半はともに得点なし。延長後半3分、丸山が決勝のゴールを決めた。120分に及ぶ激闘だった。

「うれし泣きをしました。こんなに感動したのは久しぶり」

   主将の澤穂希は興奮していた。値千金のゴールを奪った丸山桂里奈も声が上ずっていた。

「チーム一丸となってのゴールでした」

   ドイツとは2008年の北京五輪で3位決定戦を戦い完敗した苦い経験がある。以来、「打倒ドイツ」は、日本の悲願でもあった。

「選手たちを誇りに思います。3年間の成果が出たと思う」

   佐々木則夫監督の言葉には苦労のあとがうかがえた。

「苦しいときには被災者のことを思え」

   実は、佐々木監督はドイツ戦の前、選手に東日本大震災のビデオを見せた。「本当に苦しいときに被災者のことを思え」というメッセージだった。

   試合後、その監督の思いに呼応したように、地元メディアは「震災で影響を受けたが、それを不屈の闘志で克服した」と報じた。

   決勝ゴールの丸山は東京電力の元社員。原発問題が持ち上がったとき、自身のブログに「東電は悪くない」と書き込んだ。当然のごとく非難が浴びせられた。「詳細も分からず書いたうかつさを悔いた」と謝った。

   そんな丸山のプレーを現地の報道は「夢のようなゴール」とたたえた。

大金星で注目度急上昇 広告代理店も黙っていない

   日本での女子サッカーは、これまでマイナースポーツの扱いだった。マスコミも高いランクに置いていなかった。実績からすれば当然である。

   ところが事態は一変した。ドイツ戦勝利で俄然、注目度が増した。テレビ放映された上に大金星。全国に快挙が広まった。選手名も知れ渡った。NHKなどは日曜夜のスポーツニュースでトップに扱ったほどである。

   広告代理店が黙っていない。「ビジネスの可能性が出てきたといっていいだろう。これで優勝でもしたら大変なことになる」-。

   五輪で金メダルを獲得してフィーバーとなった女子ソフトボールを思い起こさせる。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中