「政権批判」官僚の肩たたき にじみ出た菅政権の体質/塩崎恭久・元官房長官に聞く

印刷

   民主党政権や霞ヶ関批判を展開し、「肩たたき」を受けていた経済産業省の古賀茂明氏(55)を支援しようと、超党派の国会議員らが勉強会を立ち上げた。呼びかけ人のひとり、自民党の塩崎恭久・元官房長官に話を聞いた。

   古賀氏は、政権交代前から国家公務員制度改革にかかわってきたが、民主党による改革後退の流れを受ける形で異動となり、2009年12月以降、1年半以上も大臣官房付という「待機ポスト」に「塩漬け」されてきた。政権批判をしたことで10年秋には仙谷由人・官房長官(当時)から国会で「恫喝」されたことでも知られる。

   今回の東日本大震災では、東電の破たん処理と電力事業の再生について政府案を真っ向から批判する手厳しい案をつくり、公表したことなどから2011年6月下旬、経産省事務次官から勧奨退職を迫られる事態となっていた。こうした「古賀切り」への反発は、独善的といわれる菅政権への体質批判とも重なる形となり、自民党はもとより、民主党内でも支援の声が広がっている。古賀氏は7月13日、勧奨退職に応じない考えを上司に伝えた。

「異質な意見を排除しようとする」

ツイッターを5月に始めたばかり。「リアルタイムに近い形で情報を発信できるのはいいですね」と話す塩崎恭久・元官房長官。
ツイッターを5月に始めたばかり。「リアルタイムに近い形で情報を発信できるのはいいですね」と話す塩崎恭久・元官房長官。

――7月5日に初会合があった「日本中枢を再生させる勉強会」の名前は、古賀さんの近著『日本中枢の崩壊』からとったそうですが、どんな問題意識から立ち上げたのでしょうか。

塩崎 勧奨退職だけでなく、古賀さんへの一連の処遇は、単に古賀さん個人の問題ではありません。異質な意見を排除しようとする、今の政権の体質、本質が浮き彫りになっているのです。
   今回の動きを見逃してしまっては、日本の役所は「いろんな意見を言うことができる」という健全性を失うことになってしまいます。多様な意見を言い合えることは、役所だけでなく、国会、社会の健全な発展に大切なことです。

――経産省の事務方幹部の問題というよりも、政権の責任の方がより重いということですか。

塩崎 そうです。海江田(万里)経産相が国会で私の質問に答え、古賀さんへの勧奨退職は大臣の判断だとわかりました。
   さらに海江田さんは、2月の記者会見で(「塩漬け」人事中の)古賀さんについて、「能力を発揮できる場所で仕事をして頂くというのが一番いいことだと思います」と話しておきながら、「場所」を与えていない。古賀さんは1年半のうち1回、地方出張の仕事が与えられただけです。人事権は大臣にあるのに、です。

――塩崎さんは官房長官時代、事務方の人事案を何度もひっくり返したそうですね。

塩崎 はい。そうした経験からみても、今回のような一連の人事は、役所の責任というより大臣、政権の問題だと思います。本来ならあり得ない話です。

――政権トップの菅直人首相にも責任の一端はあるのでしょうか。

塩崎 菅さんがどんなガバナンスを霞ヶ関でやっているのか、ということがにじみ出た結果です。尖閣諸島沖の中国漁船問題で検察に責任を押しつけたように、菅さんは他人のせいにする天才で、情がない、包容力がない。そうした点が影響した人事だとみています。

公務員制度改革と民主政権の変節

――古賀さんは、天下り規制などの公務員制度改革について民主政権を批判し、政権側がそれを不快に感じているという構図です。しかし、そもそも政権交代前の民主党は、古賀さんに近い主張をしていました。

塩崎 鳩山政権発足直後は、古賀さんと一緒に改革に取り組もうとしていたのです。ところが、役所(省庁主流派の守旧派勢力)からの反発を受けて政権は態度を180度変え、役所寄りになってしまった。選挙前は公務員制度改革が「1丁目1番地」のようなことを言っておきながら、あんなに簡単に操を捨てるのか、と。
   民主政権は、自分たちの方が意見を大きく変えておきながら、(以前自分たちが主張していたことに近いことを言い続けている)古賀さんに、「意見が違うから出て行け」と言っているわけです。勧奨退職行為もやめさせる、と以前はいっていたんです。それを自分たちが古賀さんに対してやっている。矛盾だらけというか支離滅裂というか……。

――発足した勉強会は、人事面だけでなく、古賀さんの改革提言内容も検討するのでしょうか。

塩崎 そうです。例えば、現行の原発事故賠償スキームは、誰のためにやるのか分からないような代物です。この点も古賀さんは批判していますが、海江田さんあたりは相当この批判を気にしているようです。
   政策を改善できることはないのか、古賀さんの意見も聞きながら、賠償スキーム以外の問題も含めて検討していくことになるでしょう。「日本中枢の崩壊」を食い止めないといけません。勉強会には民主党の議員も参加しています。

――経産省の役所側への提言はありますか。

塩崎 経産省ファミリーの古賀さんを懐深く抱えていく度量をもった方が、組織として健全な政策立案ができますよ、と言いたいですね。


<塩崎恭久さん プロフィール>

   しおざき やすひさ 1950年生まれ。東京大学教養学部卒業、ハーバード大学行政学大学院修了。日本銀行勤務を経て、1993年に衆院初当選。以降、参院も1期務め、現在衆院5期目(愛媛1区)。2006年、安倍晋三内閣で官房長官に就任。最近では、自民党改革委員会の委員長を務める。

   著書に「日本復活-『壊す改革』から『つくる改革』へ」など。音楽家の坂本龍一さんは高校時代の同級生。


インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中