芸能人ブログは限界なのか 佐藤健、高橋由美子…次々終了

印刷

   芸能人3人のブログが、2011年6月いっぱいで相次いで終了したことが話題だ。それぞれに事情が異なっているようだが、関係者は、芸能人のネット利用に、ある変化が現れていると指摘する。

   「けじめの日。」。イケメン俳優の佐藤健さん(22)が6月30日、自らのブログでいきなりこう告げた。

「ファン交流はユーストリームやツイッター」

ユーストリームへ転向?
ユーストリームへ転向?

   そして、「これが最後の更新です」と宣言した。その理由は、公式サイトが7月1日からオープンするからというものだった。

   さらに同じ日、女優の高橋由美子さん(37)が、ブログからの卒業を明らかにした。すでに10年12月19日以来更新していなかったが、「半年考えて決めました」。そのうえで、ファンにこれまでの感謝を伝えている。

   タレントの山本モナさん(35)もこの日、ブログを終了させたいと明かした。こちらは、芸能界引退に伴うもののようだった。

   芸能人がブログをやめると明かすことはあるが、同時期に3人もそろったのは珍しい。

   俳優の佐藤さんの場合は、公式サイトなどをブログ代わりに使うようだ。サイトでは、事務所スタッフが映画主演情報などを紹介するブログを始めており、本人は、7月9日から動画のユーストリームに出演してファンとコミュニケーションを取っていく。

   芸能人にとって、ブログでのファン交流に限界が出てきたということなのか。

   ITジャーナリストの井上トシユキさんは、「公式な発表はブログで行うようにし、ファン交流はユーストリームやツイッターでする、という使い分けが出てきたようです」と指摘する。

「佐藤さんは、俳優ですので、文字で伝えるより映像で伝える方が分かりやすいと思われたのでは。それで、ユーストリームの方がやりやすいという判断になったのでしょう。その場合、ブログは、新しいドラマや結婚などの発表のように、ファンやマスコミに告知するものであればいいわけです」

元祖ブログ女王もツイッター開始

   井上トシユキさんは、若い人たちが、スマートフォンなどの携帯電話を使うようになり、動画も見やすくなったことも背景にあるのではとみる。

   ツイッターをファン交流に使い始めた好例は、タレントの眞鍋かをりさん(31)だ。眞鍋さんは、元祖ブログ女王と呼ばれるが、自らのブログで2011年7月7日、こう明かした。

「ツイッターを初めて3日。リアルタイムで思ったことをつぶやけるし、どんなにくだらない内容でもアップできるので、かなり楽しいです。8割シモネタです。ですが、ブログはブログでツイッターとは違った有益な情報をあげていきたい」(原文ママ)

   眞鍋さんは早速、「カー○ックス」を小ネタにツイッターでファンと交流し、話題になった。ブログについては、更新頻度は減るかもしれないものの、旅行、グルメなど大人の女っぽい内容を心がけるという。

   とはいえ、ブログをやめてもいいわけではないというのだ。

「ブログをやめると、『何かあったのか』とかえって憶測を呼んでしまいます。例えば、交際相手ができた、薬に手を出している、といったものです。中には、『整形で入院しているらしい』と話題になったアイドルさえいます。リスクが大きいので、やめるのは得策ではないでしょう。ブログなら、マスコミ取材と違って、一方的に自分たちのことを言えますので、タレントにとっては楽なはずですよ。また、ツイッターなどはコメントを制限できず、ネット上で炎上するリスクがあるので、使いこなしができない人はブログの方がいいでしょうね」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中