AKB前田敦子が眠くなるほど努力した? ドラマキスシーンにファン達が「発狂」

印刷

   人気アイドルグループ「AKB48」の前田敦子さん(20)が音楽番組で、TBSの安住紳一郎アナウンサーから、「眠たいんですか?大丈夫ですか?」などと心配されるシーンがあった。同番組司会の中居正広さんは、前田さんは今、ドラマの主演をしているため収録で大変なのだろう、などとフォローした。

   そのドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」で前田さんのキスシーンがあったため、ファン達が「発狂」しているとネットで騒動になっている。

「ありがとうございます。見てください」

   「イケメン☆パラダイス」の話題が出たのは2011年7月16日放送のTBS系『音楽の日』。多数の人気アーティストが生放送で歌を披露する特別番組だった。深夜零時を回った頃に「AKB48」が登場し新曲「フライングゲット」を披露した。センターを務めたのはもちろん、先の選抜総選挙でトップに返り咲いた前田さんだった。前田さんはどことなく元気がなく、目をようやく開けているという状態に見えた。すると、TBSアナの安住さんが

「私、大変気になるんですけど、前田さん、ちょっと眠たいんじゃないですか?大丈夫ですか」

と問いかけた。前田さんは

「え?何でですか?大丈夫です」

   驚いた様子で返すと、司会の中居さんは「イケメンパラダイスで忙しいから・・・」とフォローした。前田さんは、

「ありがとうございます。見てください」

と元気な明るい表情になった。

   「イケメンパラダイス」は毎週日曜日にフジテレビ系で放送されている学園ラブコメディードラマ。前田さんは自分が女性であることを隠し男子校に入学。男性として振る舞うことから様々なドタバタが起こってしまうという内容だ。前田さんは映画や歌などでソロ活動を活発化させていて、今回のドラマは前田さんのソロとしての真価が問われる重要な位置付けになっている。もちろん「AKB」のセンターとしての仕事も並行させているため、超多忙な毎日になっていることは確かだ。

   そうした中で「イケメンパラダイス」の第2話が、安住アナに心配された翌日の7月17日に放送された。

視聴率は6.0%はファンが見るのを避けたから?

   今回のドラマは、前田さん演じる男子高校生「芦屋瑞稀」が実は女なのではないか、という疑いが濃くなるという内容だったが、ドラマのエンディング間際に、粕漬けを食べて酔ってしまった「佐野泉」役の中村蒼さんとのキスシーンがあった。

   実は前田さん、キスシーンは10年に日本テレビ系で放送されたドラマ「Q10」にもあった。もちろん話題になったのだが、この時の前田さんはロボット役で、キスとはいっても唇を一瞬合わせるだけだった。しかし、今回のキスシーンは10秒ほども続いた。

   ネットではこのキスが始まった瞬間から、「2ちゃんねる」などの掲示板に

「やめろおおおおおおおおおおおお・・・・」
「あああああああああああああああ・・・・」

などと大量に意味不明な叫び声が書き込まれることとなり、「前田敦子のキスシーンでオタ発狂wwwwwwwwwwwwww」などと騒動になった。また

「俺は自殺するわ」
「お前らが何万も払って握手してるなか、仕事で金貰ってあっちゃんとチュウwww」

などといった書き込みも出た。ファンにとっては衝撃的なシーンとなったわけだが、視聴率はどれくらい伸びたのかといえば、前回の第1回がビデオリサーチ調べで関東地区が10.1%。低調なスタートと評されたが、今回の第2回は6.0%だった。キスシーンがあることを知ったファン達が視聴を避けた、ということなのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中