3メガバンクに再び増資圧力 FSBの金融新規制で

印刷

   世界20か国・地域(G20)の中央銀行や金融監督当局で構成する金融安定理事会(FSB)は7月19日、金融機関の新たな規制の柱となる自己資本比率の上乗せについて、世界のメガ金融機関28社を対象にすると発表した。

   28社の具体名は公表していないが、日本では三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループの3メガバンクが対象となったとみられ、厳しい資本規制を受けることになる。欧米の大手金融機関では、JPモルガン・チェースやドイツ銀行、シティグループ、HSBCなどが対象となったとされる。

   28社に対しては、普通株式など「中核自己資本」のリスク資産に対する比率を、2019年までに実質7%にするように求め、さらに1~2.5%の上乗せ規制を課す。最も厳しい場合には合計で9.5%の自己資本比率を維持しなければならない。

   自己資本比率を高めるためには、内部留保を高めるか増資するか、あるいは貸し出しを抑えるなどの手段がある。規制をクリアするため、増資圧力が高まる可能性がある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中