気仙沼の仮設、県境越えて建設 一関市が約300戸分の用地提供

印刷

   宮城県気仙沼市の被災者用仮設住宅が、隣接する岩手県一関市に建設されることが7月20日、正式に決まった。県の垣根を越えて、一関市が用地の提供を申し出ていた。

   建設主体は宮城県。一関市内の2か所の学校跡地に300~350戸を建てる。近く着工し8月中の完成を目指す。津波で壊滅的な被害を受けた気仙沼市では、必要な仮設住宅は約3300戸にのぼるが、このうち800戸以上については建設場所が確保できずにいた。

   岩手の最南端の一関と、宮城の北東端に位置する気仙沼は互いに隣接していて、経済的にも文化的にも交流が活発に行われてきた。岩手日日新聞によると、一関市の勝部修市長は「被災者には地元を離れることに抵抗があると思うが、鉄道、バスの交通アクセスは整っており、宮城の内陸部より距離も近い。少しでも役に立ちたい」と気仙沼市の決定を歓迎している。一関市は震災直後から気仙沼市の支援を進めており、避難者も多数受け入れている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中