菅首相も「マニフェスト甘い見通し」陳謝

印刷

   菅直人首相は2011年7月22日、参院予算委員会で、マニフェストに掲げた政策について「財源に関してやや見通しが甘い部分もあった」「不十分な点があったことについて、国民におわびしたい」と陳謝した。

   民主党の岡田克也幹事長も7月21日の会見で、マニフェスト問題について「見通しの甘さを国民に率直におわびしたい」とする文書を公表した。岡田氏は22日、自民、公明両党幹事長と会談し、マニフェスト見直しを示唆しつつ、特例公債法案成立への協力を求めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中