ギリシャ国債「デフォルト」水準に格下げ

印刷

   米格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスは、ギリシャの長期国債の格付けを「Caa1」から3段階格下げして「Ca」とした。

   「Ca」は下から2番目の水準で、「非常に投機的であり、デフォルトに陥っているか、あるいはそれに近い状態にある」と定義されている。

   欧州連合(EU)が2011年7月21日に決めたギリシャへの追加支援では、金融機関の保有する国債をより期間の長い国債に乗り換えることを求めた。新しいギリシャ国債への交換や再投資によって債権者には損失が発生する見通しで、「ギリシャが債務不履行に陥る可能性は事実上100%だ」としている。

   ただ、支援策全体については、「ギリシャを安定化し、最終的に債務負担を減らす可能性が高い」と評価してもいる。デフォルトの認定が市場の混乱につながるとの見方は少ない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中