夏のボーナス4.42%増の79万1106円

印刷

   経団連は2011年7月28日、大手企業158社の夏季賞与・一時金(ボーナス)の平均妥結結果を発表した。これによると2011年夏のボーナスの平均額は79万1106円で、前年度比4.42%増と、2年連続のプラスとなった。

   製造業が平均6.96%のプラスだったのに対し、非製造業では4年連続のマイナスとなる2.45%減だった。最も高かった業種は「食品」で93万4635円。

   冬のボーナスは東日本大震災の影響を受け、減額する企業が増えることが見込まれる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中