ナイナイ岡村「イジメ騒動」に激怒 「あれはコント。ただフリが浅かった」

印刷

   「ブログ炎上させてるお前らがイジメちゃうの?」――お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さんが、強い口調でネットユーザーを批判した。2011年7月28日深夜放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)の冒頭での発言だ。

   騒動の発端は、23~24日に放送された「27時間テレビ」(フジテレビ系)で、岡村さんへの「公開イジメ」とも取られるような場面があったこと。「イジメ」に加わった、とされるタレントのブログなどが炎上したことが、「イジメられた」はずの岡村さんの怒りを爆発させた。

結果的に「ちょっと失敗してしまった」

   番組の中で岡村さんは、SMAPの中居正広さん、お笑いコンビ「ジャルジャル」の福徳秀介さんらとバスケットボール対決に参加。岡村さんはパスを求めるが、なぜかボールは一向に回されない。あげく福徳さんが岡村さんにボールをぶつけたことを皮切りに、周囲の出演者たちが次々と岡村さんにボールを投げつける――という展開が、岡村さんへの「イジメ」のようだとして、福徳さんに関する「ウィキペディア」の項目や、対戦相手だった元バスケ選手のブログなどが炎上する騒ぎとなった。

   岡村さんは28日のラジオで、リスナーからの質問に答え、

「あそこはコントですよ、言うてみたら。そやけど生放送で、時間がない。ディレクターは『岡村にボールをぶつけなければ』ということに頭が集中してしまって、フリが浅いんですよ。でももう福徳に『岡村にボールぶつけて』みたいなカンペが出た」

と内幕を明かした。あくまで一種のコントだったのだが、生放送の焦りからスタッフが「フリ」が不十分なままボールをぶつける流れに持っていってしまったこと、また岡村さん自身が気の利いたリアクションができなかったこともあり、結果的に「ちょっと失敗してしまった」と事の「真相」を説明した。

「ブログ炎上させてるお前らがイジメちゃうの」

   むしろ岡村さんは問題の場面を「イジメだ」と批判した一部ネットユーザーを、

「イジメちゃうって。俺、視聴者ってもうちょっと頭ええと思ってたよ」

と批判。さらに「あれをイジメとするならばよ」と前置きして、

「(共演していた)元バスケットボール選手のブログまで炎上してるんでしょ? 関係ないやん! ブログ炎上させてるお前らがイジメちゃうの、バスケットボール選手に対して!」

と語気を強め、

「(そんな些細なことで)ブログ炎上させて喜んでいるお前らはアホやで!」

と「炎上」に加担したネットユーザーに怒りをぶつけた。しまいには、

「やめてしまえ、そんなん……コンピュータを! そんなことしたいんやったら」

という叫びも飛び出した。

   岡村さんの発言にネット上では、

「頭悪いのはお前だろ。あれをコントだと言い張るお前がどうかしてる」
「不愉快になるもん流しといて開き直るなよ」

などと「被害者」だったはずの岡村さんを非難する声が出る一方、

「まさに正論」
「バスケ選手のブログに突撃したのは誰が見てもアホ」
「律義にテレビに踊らされる馬鹿が開き直って掌返しててワロタ」

と、賛同する人も少なくなかった。

   なおこの日の放送のラスト間際には、「イジメ」の主犯とされてしまった福徳さんが突然スタジオに登場。わずか15秒ほどの出番で、ほとんど何も言えないまま番組は終了した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中