中国高速鉄道でダイヤ大幅乱れ またもや信号システムにトラブルか

印刷

   大事故を起こしたすぐに運転再開した中国高速鉄道で、相変わらず運休や遅れなどトラブルが続いている。具体的な原因ははっきりしないが、事故と同じように信号システムに不具合が発生している可能性が高いと見られている。

   これまでの報道をまとめると、2011年8月1日午後に、事故を起こしたのと同じ中国浙江省温州を通る区間で、10本以上の列車で最大3時間半の遅れが発生。

「前方の信号が灯ってない」と説明?

   一部列車は事故現場のある事故現場を含む区間で1~2時間にわたって停止した。停車した列車の乗客の話だと、車内では車掌から「前方の信号が灯ってない」という説明があったという。

   2日になっても正常化せず、この日も14本以上が運休し、十数本の列車で最大4時間の遅れが起きた。運行を管理する中国鉄道局は原因を「設備保全」としたがダイヤの正常化時期については「わからない」とした。

   さらに3日までに中国共産党の機関紙、人民日報の電子版で、事故現場含む杭州―深セン間の区間について、設備保全のため5日まで毎日12本を運休して、16本の運行区間を変更すると発表された。現在、手動信号で運転を続けているという報道もあり、信号機にトラブルが発生したと見られる。

広州市と深セン市結ぶ路線、開業延期か

   200人以上の死傷者が出た7月23日の事故も、信号システムのトラブルが原因の1つにあるとされている。追突された列車は永嘉駅を出た後、信号機トラブルで正しい信号を受信できなくなり、時速20キロで徐行。追突した後続列車には、赤信号が青信号に誤って発信されていたため、先行列車に115キロのスピードで追突した。

   信号システムでのトラブルは、中国の高速鉄道計画全体にも影響しそうだ。当初8月10日に予定されていた広州市と深セン市の区間の開業が延期される可能性が出ている。広州南駅と深セン北駅を結ぶ150キロの区間で、この区間の信号システムを設計したのが、事故のあった区間と同じ「北京全路通信信号研究設計院」。事故後、信号システムを含む線路や列車の全面的な検査を行っていて、中国鉄道省は日経新聞の取材に対して「(開業日は)まだ決まっていない」と説明。そのほかの報道でも検査が9月末までかかるという見方が出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中