ハイエースが危ない 多発するミュージシャンの「機材車」盗難

印刷

   ここ数年、ミュージシャンの「機材車」が機材もろとも盗難される事件が相次いでいる。2008年には元RCサクセションの「チャボ」こと仲井戸麗市さん、2010年はロックバンドの「LAST ALLIANCE」や「ASPARAGUS」、2011年には「NICOTINE」―そして先日7月30日には、ポストロックバンド「toe」が被害に遭ったことが分かった。

   楽器やアンプなどの音楽機材はミュージシャンにとって単なる「商売道具」ではなく、改造・メンテナンスを重ね、長年の使用で手になじんだ、いわば「代えのきかない物」。大事な機材が忽然と姿を消してしてしまったことで「toe」メンバーはすぐにツイッターで情報提供を呼びかけ、ファンらも協力して行方を追っている。

途上国での人気高まり 窃盗団が目をつける

盗まれた車はどこへ?(画像はイメージ)
盗まれた車はどこへ?(画像はイメージ)

   事件は、「toe」メンバーが山梨県小淵沢でのレコーディングを終えて横浜へ戻ってきた際に起きた。ツイートによると、盗まれた車はトヨタ・ハイエースのグランドキャビン(シルバー「横浜302 な 9176」)。新車価格は333万9000円だが、積んでいた機材は車の価格をはるかに上回り、推定1000万円~1500万円にもなる。しかし一番は金銭面もよりも精神的なショックのようで、メンバーの美濃隆章さんは事件当初、「不思議と怒りはこみ上げてこない。喪失感と脱力感のみ」と放心状態だった。ファンからも「こだわりのある高価な道具を盗ることは『死ね』と言ってることと同じ」「ほんとやったひと許せない!!そいつの大事なもの盗難してやりたい!」などと悲しみと怒りの声が噴出した。

   上記の5事件で盗まれたのは、いずれも「ハイエース」。機材車の定番だ。日本損保協会の調査によると「ハイエース」は07年から09年まで3年連続で自動車盗難のワースト1位。年間約2500台が盗まれている(未遂件数等を含まず)。「盗難」に遭いやすい車種なのだ。

   多くの人を乗せられて使い勝手がよく、丈夫で長持ちすることから、中東やアフリカなど途上国で根強い人気がある。一方で、ややセキュリティが甘いとも言われ、プロの窃盗団に目をつけられやすく、分解して海外に送られているようだ。千葉県警が08年に摘発した窃盗団は1年半で約100台を盗んでいた。

犯人の狙いは車のみ? 1千万円の機材は放置

   車よりも高価な楽器や機材はどうなってしまうのか。2010年12月に被害にあった「ASPARAGUS」は、約3か月後の3月に埼玉県鳩ヶ谷市の路上で一部の楽器や機材、ケースが発見されたと報告している(現在も他の機材・車を捜索中)。また、ギターやアンプなど総額1000万円相当を盗まれた「NICOTINE」は、事件の翌日(11年3月4日)に、市内のコインランドリー内でほぼ無傷の状態の機材が発見されたと公式サイトで発表している。なお、ハイエースの車検証も見つかったことから「狙いは車のみだろう」との説明を受けたそうだ。

   toeは、「車だけ持って行って良いから、積んであった機材全部、駐車場の車の停まっていた場所に置いといてください! 返してくれれば捜査はしないから!」と犯人に機材の返却を求めている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中