エース歳内震災のハンデはねかえす熱投 福島代表聖光学院が劇的サヨナラ勝ち

印刷

   「がんばろう!日本」のスローガンを掲げて始まった2011年夏の高校野球選手権大会。開幕日の8月6日、第3試合で震災と原発で苦しむ福島県代表の聖光学院が延長10回、5-4で劇的なサヨナラ勝ちし、不屈の闘志を見せた。

9回二死、勝利目前の暴投で追いつかれたが…

「大震災で苦しむ東北を背負って戦っていこう」

   聖光学院の斎藤智也監督はそう選手たちに訴えて甲子園に入り、1回戦の日南学園(宮崎)との試合に臨んだ。前半は劣勢だった。5回を終わったところで1-3。7回裏に3点を挙げて逆転、そのまま逃げ切るかと思われた。ところが9回表、二死から打者を三振に切って取ったが、その投球が暴投となって3塁走者が返り同点となり、延長へ。10回裏、聖光学院は走者を2塁に置いてエースの歳内宏明が右前へ安打、決勝点を挙げた。

   「勝ってよかった…」と監督が言えば、選手たちは「やった、やった」と被災地へ向かって声を挙げた。

震災のハンデ背負い勝ち取った甲子園

   3月11日の地震、津波。そして原発事故…。そのあおりを聖光学院も受けた。練習もできなければ、春の県大会も中止。実戦練習のオープン戦は遠征して補った。その間に被災地でのボランティア活動。そう言ったハンデを携えて勝ち取った甲子園出場だった。

   昨年夏の甲子園を経験している歳内は回を追うごとに全力投球を見せた。まさに故郷の苦しみをぶつけるような熱投だった。16三振を奪う一方、10安打も浴びた。最後まで全力で投げ切り、149球も費やした勝利である。

   歳内は無安打のまま最後の打席に向かい、サヨナラ安打を放った。

「あきらめない姿を野球で示したい」

   その決意と約束を、歳内をはじめとする選手たちは見事に果たした。戦いを終えた聖光学院はとてつもなくたくましく見えた。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中