FB、ツイッターやブラックベリー 英国暴動、ソーシャルメディアが「火に油注いだ」

印刷

   英国各地で起きている暴動は、さまざまな意味でソーシャルメディアが大きな役割を果たしている。フェースブックやツイッター、ブラックベリーのソフトを通じて伝わった情報をきっかけに暴動が連鎖的に拡大する一方、ツイッターでは、「暴動で荒れた道路を掃除しよう」と呼びかける動きも出ている。

   一連の暴動が行ったきっかけは、2011年8月4日、ロンドン北部のトットナムで黒人男性のマーク・デュガンさんが警察官に撃たれて死亡したことにある。8月6日に行われた抗議するデモが各地に飛び火する形で暴動に発展した。

10代の若者のうち37%がブラックベリー持つ

   暴動をめぐっては、英大衆紙のデイリー・メールが「ソーシャルメディアが火に油を注いだ」と指摘している。例えば8月6日夜には、警察に対して復讐を呼びかけるページがフェースブックに登場。まもなくバスに火が付けられ、フェースブックでは、現場の動画や写真を投稿するように呼びかける文章が書き込まれた。

   ロンドン警視庁は、8月8日の段階で、ツイッターでの暴力行為を扇動する書き込みも捜査の対象になると警告。捜査の一環として、ウェブサイトの監視を行っていることを明らかにしている。

   フェースブックやツイッターに以外にも、今回の暴動で大きな役割を果たしたとみられるのが、スマートフォン(多機能携帯端末)の一種のブラックベリーだ。ブラックベリーはアイフォーン(iPhone)やアンドロイドよりも安く手に入り、比較的低所得者層や若年層に普及している。英情報通信庁の調べによると、英国の10代の若者のうち37%がブラックベリーを持っているとされる。

   暴動を起こした若者の多くが使っていたとみられるのが、ブラックペリーに搭載されているブラックベリーメッセンジャー(BBM)と呼ばれる機能だ。携帯のショートメール(SMS)と違って無料で利用でき、「BBM PIN」と呼ばれる識別番号を知っていれば、1人から多数に同時に発信することもできる。さらに、ツイッターやフェースブックと違って、書き込みの内容を第3者が見ることが難しいのも特徴だ。

「タダでものがもらえる」と略奪行為を扇動

   高級紙のガーディアンによると、BBMでは、

「4時ぴったりに集まれ」

と、場所を指定した上で行動を呼びかけるものや、

「みんなロンドン中心部に集まれ。無防備な店はめちゃくちゃにされるから、タダでものがもらえる」

と略奪行為を扇動するものすらあった。

   ブラックベリーの「通信内容が他社に知られにくい」という特徴が悪用された形だが、英国のブラックベリーの運営会社は、ツイッター上で、

「当局と協力して、可能なことは何でもやる」

などと表明。このことが「BBMの内容が漏えいするのでは」といった憶測を呼んでもいる。

   一方、暴動を収束させるためにソーシャルメディアを利用しようとする動きもある。例えば「#riotcleanup」というツイッターのハッシュタグでは、暴動で被害を受けた道路の片付けをしようという呼びかけが行われており、特設ウェブサイトでは、片付けを行う場所や時間が紹介されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中