高岡蒼甫再びテレビに注文 「もっと知らなきゃいけないことを報道してほしい」

印刷

   俳優の高岡蒼甫さんが2011年8月12日夜にブログを更新し、自らの発言に端を発する「高岡騒動」について改めて語った。

   10日のブログで、一連の発言について「一人の責任ある社会人として、発言に対する配慮にかけていた」として謝罪していたが、この日はそれを補足する形になっている。

今回の騒動もテレビが取り上げるべき価値のあることではない

高岡さんのブログ画面
高岡さんのブログ画面
「勘違いして欲しくないのは在日、韓国、デモ、アイドル批判、局批判、そういうことを自分は伝えたいわけではない」

といい、自らの発言が韓国やテレビへの「批判」として捉えられたことは本意ではなかったと釈明。

   また「高岡騒動」として各メディアから大きく取り上げられたことにも、

「俺をワイドショーで見てもしょうがないんだからその分ほかの事に時間回して下さいって事」

として、自らの騒動も「韓流」と同様、テレビが時間を割いて取り上げるべき価値のあることではないと断じ、「国を左右する」力を持つテレビに、もっと「やらなきゃいけないこと、知らなきゃいけないこと」を報道してほしい、ということが自らの真意だったと強調した。

「自分が一週間総理大臣になれるなら」

   今の心境を、「次行ってみよう」だと語り、「経験した事は次進むためには何にもマイナスな事じゃなかった」と前向きな姿勢を示している。ツイッターで「油絵始めるんだけど、楽しみ」とつぶやくなど、新たな興味も見つけたようだ。しかしこの日のツイッターでは同時に、

「自分が一週間総理大臣になれるなら諸々迅速に決断できるだろうなってなんとなーく思ってる」

と、またも意味深な発言をした。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中