除染はかどらず通学路を変更へ 福島市教委、小中学校に通達

印刷

   福島県内では、大半の小中学校で8月25日から2学期が始まる。ところが、夏休み中に急ピッチで進めるはずだった各自治体の通学路の除染がはかどっていない。福島市は間もなく始まる2学期から、通学路の変更を余儀なくされた。

   福島市教委は8月23日、市内72の市立小中学校に、通学路や集団登校時の集合場所の変更を検討するよう通知した。7月に行った通学路のモニタリング調査で放射線量が高かった区域などを避けて児童・生徒の被曝量を減らす狙いだ。モニタリング調査では72校のうち59校の通学路で毎時1マイクロシーベルト以上(地上50センチ)を計測している。

   9月上旬に通学路放射線マップを作る郡山市も、特に高い放射線量が確認された地点などは、迂回ルートを検討する方針だ。

   校庭の表土の改善は、対象となった公立の小中学校、高校、幼稚園530校のうち8月中に作業が終わるのは503校。残る27校のうち14校は9月末、3校は10月末までかかる見通しだ。10校についてはめどが立っていない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中