日本国債を1段階「格下げ」 米ムーディーズ

印刷

   米格付け会社のムーディーズ・インベストメント・サービスは2011年8月24日、日本国債の格付けをこれまでの「Aa2」から「Aa3」に1段階引き下げたと発表した。同社による日本国債の格下げは9年3か月ぶり。格付けの見通しは「安定的」とした。

   「Aa3」の格付けは上から4番目にあたる。ムーディーズは格下げの理由を、多額の財政赤字と政府債務の増加を指摘。そのうえで、「過去5年間にわたり首相が頻繁に交代したことが、一貫した政策実行の妨げになっている」と説明している。また、東日本大震災とそれに伴う東京電力・福島第一原子力発電所の事故が景気回復を遅らせ、デフレを悪化させたとしている。

   格下げに関して、野田佳彦財務相は「最近の国債の入札を見ても順調に行われており、日本国債への信認は揺るがない」と強調した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中