音楽動画の無料ダウンロード「違法」と提訴

印刷

   動画配信サイト「ユーチューブ」から音楽動画をパソコンにダウンロードできるサイト「TUBEFIRE」に権利を侵害されたとして、日本レコード協会に加盟するレコード会社と音楽出版社の計31社は2011年8月19日、「TUBEFIRE」の運営会社である「ミュージックゲート」に対して、サービスの停止と約2億3000万円の損害賠償を求める訴えを東京地方裁判所に起こした。日本レコード協会が8月23日に発表した。

   発表資料によると、ミュージックゲートが管理するサーバーに、レコード協会が権利をもつアーチストの音源や動画約1万ファイルが無許諾で複製されていたという。これらがダウンロード可能な状態で置かれてあり、公衆送信権(送信可能化権)および複製権を侵害したと、レコード協会は主張している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中