島田紳助「自分で決めた」引退  復帰は絶対にありえないのか

印刷

   暴力団と親密な関係があったとして、突如芸能界からの引退を発表した島田紳助さん。以前も問題を起こして、しばらくテレビから消えたことがあったが、今回はもう復帰はありえないのか。

   2011年8月23日、紳助さんが過去に暴力団関係者と親密な関係を伺わせるメールのやりとりをしていたと吉本興業から発表された。

「解雇みたいなものだから、吉本からの復帰もない」

   紳助さんは会見で「引退しろと言われた訳ではないし、恐らく僕が何も言わなかったら謹慎処分だったと思う」とし、あくまで自分で決めた引退だと強調。一方で「僕の中では『この程度』なんです。頻繁に密着しているわけではない。『この程度』で引退しなくてはいけないんです」とも話し、今後については「明日からは一般人なんで静かに暮らしていきたい。若い人たちの役に立つような人になっていきたい」と語った。

   ただ、紳助さんは以前も芸能界から一時消えたことがある。04年、吉本興業の女性社員に暴行して謹慎し、2か月後に復帰。今回は「引退」ということになっているが、そのうち復帰するのではないか。そんな推測を口にする人もいる。

   芸能評論家の肥留間正明さんは「自分で『引退』すると言ったんだから復帰はないと思う。ただ、今回は解雇みたいなものだから、そうなってくると吉本からの復帰もない。他のプロダクションからや、自分で事務所作ってそこから復帰しようにも、使う側も吉本にお伺いを立てなければいけないから難しいでしょうね」と話す。

「タレントとしても賞味期間切れ」

   また、「本人は『この程度で引退しなければいけない』と言ってるが認識が甘すぎる。(ボクシング元世界チャンピオン)渡辺二郎を通じてヤクザに事件を解決してもらったというが、大きなトラブルがあれば、プロダクションを通して解決するか、警察に届けるのが本来のやり方。ヤクザ使って解決なんて、昨日知り合ったとかのレベルじゃない。吉本が守りきれないだけの理由があるということです」と指摘。

   さらに、引退は潮時だったとみる。女性マネージャーに暴行したり、後輩に威圧的だったり、最近は傲慢なところが目立つと言われ、嫌いな芸人ランキングでも1位。

「タレントとして賞味期間切れです。吉本も切り時だと思っていたはず。紳助が若手の成長を妨げていたところもあるから、もし紳助のレギュラー6本がまた吉本に来れば若手が伸びますよ」

   本人の今後については「お店や不動産を持っているみたいですから、紳助が尊敬する上岡龍太郎みたいに引退後は悠々自適にやればいいんじゃないですか。ただ、今後さらに悪い話がどんどん出てくると見ていいでしょうね」と話している。

   紳助さん今後についてはネットでも話題になっている。「紳助さんの番組は全て見てきていたので、悲しくて仕方がないです 復帰を願うばかりです」というものや「二度と戻ってくるな」「鑑定団はたけしでいいでしょ」といった書き込みが寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中