海江田氏と野田氏で決戦投票 民主代表選

印刷

   民主党の代表選は、1回目の投票で過半数を獲得する候補が出ず、上位2人による決戦投票となった。2011年8月29日投開票の代表選で決戦投票に進むのは、1回目投票でトップだった海江田万里・経済産業相(143票)と2位だった野田佳彦・財務相(102票)。世論調査などで支持が高かった前原誠司・前外相は74票で3位だった。有効票数は395票。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中