「踊る大捜査線」テーマ曲 ネットでメキシコの楽曲に「そっくり」説

印刷

   織田裕二さん主演の人気ドラマシリーズ「踊る大捜査線」(フジテレビ系)のテーマ曲が、数十年以上昔に作曲されたメキシコの楽曲に「そっくり」だという声がネット上で挙がっている。

   「踊る大捜査線」は1997年にテレビドラマ第1シリーズが放送され、高視聴率を記録。劇場版も大ヒットし、03年に公開された「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」(東宝)は興行収入173.5億円にもなった。

イントロからメインのメロディまで「似ている」

   音楽も好評で、1999年の日本アカデミー大賞では、次点に当たる優秀音楽賞を受賞した。特に有名なのが、テーマ曲「RHYTHM AND POLICE」。日本人の作曲家の作曲で、哀愁漂うイントロからアップテンポの情熱的なメロディになだれ込む、強いインパクトを持った曲だ。

   しかし、2011年8月下旬、この曲についてネット上で、メキシコの作曲家、ロレンソ・バルセラータ氏の「El Cascabel(エル・カスカベル)」に「そっくり」だという声が挙がった。

   バルセラータ氏は1943年に亡くなっているので、かなり昔の曲だ。YouTubeには、メキシコやアメリカのユーザーから「El Cascabel」の演奏動画が多数アップされていて、当地ではかなりポピュラーな曲のようだ。「RHYTHM~」と聴き比べてみるとイントロとメインのメロディがほとんど同じ。旋律が似ているというだけでなく、音色もよく似ている。 ネット上では「うわ、マジでショック…」「ほんと一緒だ!カヴァーっしょ」という声のほか、「偶然では済まないレベル」という見方も出ていた。

著作権管理会社は「適正に管理」と説明

   ただ、「RHYTHM~」にも一部に独自のメロディラインがあるほか、後半部分に至ってはテクノサウンドを強調した全く別の曲になる。「全く一緒」というのにはやや無理があるのも事実。

   2005年頃から時折、2ちゃんねるなどで話題になり、ネットメディアでも報じられたが、音楽の「似ている」「似ていない」には複雑な事情がからむこともある。「RHYTHM~」の著作権を管理しているフジパシフィック音楽出版は「盗作ではないかと報じられ話題になっていますが、弊社は本楽曲を法律的に権利侵害とならない方法で適正に管理しております」と説明している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中