「新型iPhone」試作機また流出か 2年連続で「置き忘れ」の失態

印刷

   米アップルの社員が、スマートフォン「アイフォーン(iPhone)」の試作機を飲食店に置き忘れ、第三者の手に渡った可能性が報じられた。

   アイフォーンをめぐっては昨年も同じような騒動が起きている。試作機を拾った人物が米IT系ブログメディアに売り渡し、アップルが公式発表する前に機器の特徴がインターネット上で公表されてしまったのだ。情報漏れには特に敏感と言われるアップルが、2年続けて同じ失敗を繰り返したのだろうか。

200ドルで売買サイトに出品された?

アイフォーン4の試作機も紛失騒動が起きた
アイフォーン4の試作機も紛失騒動が起きた

   米オンラインニュース「CNET」の2011年8月31日付記事によると、アイフォーンの次期モデルと思われる試作機が7月下旬、サンフランシスコのメキシコ料理店に残されていたという。アップルの社員が持ちかえるのを忘れたようだ。数日のうちにアップルが警察に捜索を依頼し、試作機が紛失した当日に店にいた20代男性が特定された。だが捜査員とアップルの担当者が男性の自宅を訪ねたところ、「電話機のことは知らない」と全面的に否定。家の中も捜索したが何も見つからなかったと、CNETの情報筋が明かしている。

   記事では試作機が、物品の売買、交換情報を掲載するコミュニティーサイト「クレイグズリスト」に200ドルで出品された可能性に触れているが、真相は不明だ。新型アイフォーンの形状や特徴、現行モデルのアイフォーン4との違いも情報が一切出ておらず、誰の手に渡ったのかも含めて不確かな点が少なくない。

   実はアイフォーン4も、発売2か月前の2010年4月に試作機が「流出」して大騒動になった。アップルの社員が酒場に置き忘れ、近くに座っていた男性が拾って持ちかえったという。しかもこの男性は、米ITブログメディア「ギズモード」の編集者と接触し、試作機を5000ドルで売却したというのだ。その後ギズモードは、「新型アイフォーンの特ダネ記事」として、機能を写真付きで紹介、話題をさらった。

   だがアップルが黙っていなかった。試作機を無断で売り払った男性はその後、拾得物横領罪で起訴されたのだ。編集者も家宅捜索を受けたが、不起訴処分となっている。

「ある種のマーケティング」と疑う声も

   アイフォーンは、例年6月に開かれるアップルの開発者向けイベントで新作が発表されるのが「恒例」となりつつあった。しかし2011年6月のイベントでは「アイフォーン5」の「お披露目」は見送られ、今日に至るまでアップルから発売日を含めた正式なアナウンスはない。

   それでも世界的な人気を誇るアイフォーンだけに、次期モデルのうわさは続々と出ている。アイフォーンの製造会社が本社を構える台湾のITニュースサイト「DigiTimes」は8月29日、「画面サイズはアイフォーン4より小さい3.5~3.7インチで、背面は金属製」との予測記事を掲載した。発売日をめぐっては「2011年9月か10月」という説が出回っている。米国では、アイフォーンを取り扱う通信会社がAT&T、ベライゾンの2社にスプリント・ネクステルが加わり、大手3社による販売態勢が実現するのではないか、と伝えられた。

   一方、開発中の製品に関する情報統制が厳しいことで有名なアップルが、2年続けて「社員の置き忘れ」といったミスでアイフォーンの新作を外部に漏らすだろうか、と考える向きもあるようだ。今回のニュースを報じた各ネットメディアの記事のコメント欄を見ると「本当に置き忘れただろうか。クサいな」と疑う人だけでなく、「ある種のマーケティングなのでは」と少々うがった見方も出た。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中