「復興祈願レール」完売 三陸鉄道、第2弾を計画

印刷

   三陸鉄道が震災で損傷したレールを切り分けて「復興祈願レール」として販売したところ、3万円、5万円という値段にもかかわらず、一夜で200個を完売した。岩手日報によると、第2弾の検討が始まったという。

   岩手県の沿岸部を走る三陸鉄道は、北リアス線(宮古~久慈間)と南リアス線(盛~釜石間)の全長108キロ。震災と津波で大きな被害を受け、71キロは今も不通で、14年春の全面復旧をめざしている。

   「復興祈願レール」は8月26日に発売された。特に被害の大きかった北リアス線島越~田野畑間から取り外したレールを、メモリアルプレート付きの木製の台座に取り付けた。レール長10センチが5万円、5センチが3万円。

   発売直後から注文が殺到。県外からのインターネット、電話での注文が大半だったという。用意した各100個は翌27日午前ですべて売り切れた。

   次回販売への問い合わせも多く、今度は全線が運休したままの南リアス線のレールで第2弾ができないか検討を始めた。問い合わせは、三陸鉄道物産担当(電話0193-62-8900)へ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中