芸能界引退したばかりの山本モナ もう講演活動開始

印刷

   結婚に伴い芸能界を引退したと思われていた元フリーアナウンサーの山本モナさん(35)が、講演活動を始めていることが分かった。女性の生き方などをテーマに講演するのだそうだ。

   モナさんは、2010年8月に不動産投資会社の社長と結婚。その後しばらくは芸能活動を続けていたが、2011年6月末に芸能界を引退した。

「5分の意識で綺麗になる!」という美容ネタも

本名の中西モナで掲載されている。
本名の中西モナで掲載されている。

   最後に更新されたブログでは、タレントとしての自分のイメージが「暴走」してしまい、「本来の自分との乖離も感じました」。今後については、いずれ「自分の考えを伝えられるような場所を設けたい」としていた。

   というわけで、少なくとも芸能界からは引退したと見られていた。

   ところが、著名人への講演依頼窓口サイト「講演依頼.com」に結婚後の本名「中西モナ」でモナさんの情報が登録されていた。「組織とジェンダー、メディアリテラシー、マスコミ、女性の生き方」が講演テーマだという。

   細かい内容も記載されていて、働く女性向けには「婚活反対? 結婚と仕事のあり方」「オンナとして生きる方法~オトコとオンナはこんなに違う~」という生き方指南のほか、「5分の意識で綺麗になる!」という美容ネタも。

学生向けに「メディアリテラシー」養う方法

   また、学生向けには「夢を目標に変える!そして実現へ」という自己実現系や、朝日放送の報道局時代の経験から「報道の責任とメディアリテラシー」というテーマもある。たくさんの情報が氾濫する中、どうやって「情報をもとに考える力」を養うか、モナさんが学生向けに説明するのだという。ほかに、マスコミ業界志望者向けに業界の実情を教える「アナウンサー・マスコミ就職マニュアル」というテーマも用意している。

   いずれのテーマも講演料は「要相談」。ただ、モナさんと言えば才色兼備の元アナウンサーというだけでなく、民主党の細野豪志議員、そしてプロ野球、二岡智宏選手との不倫で浮き名を流した女性でもある。

   2008年には週刊文春の「女が選ぶ嫌いな女」で沢尻エリカさんに次いで2位。女性の生き方がテーマでは、女性に受け入れられるのか、いささか疑問もある。だが、講演依頼.comによると、2011年8月中旬にモナさんの情報を掲載してから、既に企業などから講演依頼の相談が寄せられているということだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中