ダース・ベイダーに台詞を追加 「スター・ウォーズ」ブルーレイ版にファンが激怒

印刷

   映画「スター・ウォーズ」シリーズのブルーレイ版で、ダース・ベイダーに新しい台詞が追加されたことが明らかになり、ファンが激怒。海外のネットユーザーを中心に炎上状態になっている。

   スター・ウォーズシリーズは、1977年に第1作が公開され、その後計6作品が作られた宇宙叙事詩。77年から83年に作られたいわゆる「旧三部作」は以前も特別篇として、最新特撮技術を使って再編集されたことがあったが、2011年9月16日、再び手を加えたブルーレイ版が発売される。

「Noooo!!」と叫びながら皇帝放り投げる

   問題となっているのは、壮大なストーリーの完結編となる「エピソード6 ジェダイの帰還」の最終局面。強力なフォースでルークを苦しめる皇帝パルパティーンを、ダース・ベイダーが担ぎ上げて放り投げるシーンだ。

   オリジナル版ではダース・ベイダーは終始無言なものの、今回のブルーレイ版では「NO」という台詞が新たに追加された。発売日前に流出したとされる動画が既にYouTube上に上がっていて、正確には「No! Noooo!!」と叫びながら放り投げている。

   これがファンにとってはかなり重大なことだったようだ。動画は100万回以上再生され、世界中から沢山のコメントが寄せられた。

   「Noooo! だって。正気なの?」「これは悪い編集だ。ベイダーが皇帝を掴んで殺してしまうという、びっくりするポイントを、『NO』という言葉が台無しにしてしまっている」と酷評するものがほとんどだ。

コアなファンは不買運動を呼びかけ

   また、旧三部作が90年代後半に特別篇として再編集された際は、ジョージ・ルーカス監督は制作当時に技術的、予算的にできなかった部分を現代のCG技術を使って、理想に近付けたと説明していた。今回の変更については、ファンから「『No!』という言葉は制作時に簡単に入れることができたのに、彼はそれをしなかった。これは本来の理想を実現することとは何の関係もない。最悪」という声も出ている。

   ブルーレイ版では、ほかにも異星の生物イウォークが瞬きをするようになったり、オビ・ワン・ケノービに叫び声が追加されたりといった変更点があり、これについてもファンからは賛否両論が挙がった。コアなファンにいたっては、ブルーレイ版の不買運動を呼びかける始末だ。

   この変更点は日本のネット界隈でも話題になり、2ちゃんねるには「無言だと深みが増すのにな」というもののほか「ファンは台詞を丸暗記するほど繰り返し見ているから違和感に耐えられないだけ」といったものも寄せられていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中