鉢呂経産相「放射能うつしてやる」発言 ネットでも「さすがにこれはアウト」

印刷

   福島第1原発の視察後、周辺の市町村について「死の町だった」と発言し、波紋を呼んだ鉢呂吉雄経済産業相だが、今度は視察後に「放射能をうつしてやる」という趣旨の発言をしていたことが発覚してしまった。

   鉢呂氏は2011年9月8日、野田首相らとともに原発から半径20キロの警戒区域内を視察し、9月9日朝の記者会見で、「人っ子1人いない、まさに死の町」と表現した。

「死の街は事実だから擁護したがこれはできない」

   発言は被災地への配慮を欠いた表現として、党内外から批判が相次いだ。野田佳彦首相も訂正を求め、鉢呂氏は午後の会見で、「思いは皆さんに被災地の皆さんに誤解を与える表現だったと真摯に反省し、表現を撤回したい」と謝罪した。

   この「死の町」発言については、問題発言とされる一方で、「特に違和感は感じなかった」「本当のことを表現して何が問題なんだ」「表現は不適切だが間違ってるとは思えない」と、擁護する声もネット上では多かった。

   しかしその後、鉢呂氏が視察後の8日夜に、東京都内で報道陣の1人に近寄って防護服をなすりつける仕草を見せ、「放射能をうつしてやる」という趣旨の発言をしていたことが報じられる。

   これには擁護していた人たちもさすがに呆れたようで、ネットでは次のようなコメントが多数見られた。

「死の町発言に関しては、マスコミの揚げ足取りだと思うが、『放射能うつした』は完全にアウト。幼稚すぎて情けない」
「死の街は事実だから擁護したがこれはできない」
「小学生でも言わないレベル」
「人間として最低な行為だ」

前原政調会長「ゆゆしきこと」

   鉢呂氏は9日夜、「放射能うつしてやる」発言について、「記憶が定かでない」「親しい記者もいたこともあり、(記者に)近づいていったのは事実」と語っている。

   野田首相の就任からわずか1週間で起きたこの連続失言。民主党の前原誠司政調会長は9月10日、鉢呂氏の「放射能」発言について、「事実とすればゆゆしきこと。今日中に真意を説明することが大事だ」と指摘した。

   福山哲郎前官房副長官も9月10日、TBS番組「みのもんたのサタデーずばッと」で、「趣旨としてはそんな思いではなかったと思いますが、不適切だったと思います。残念です。これから党内で議論が起きてくるかもしれません」と語り、今後問題化することを示唆した 。

   自民党からは辞任を要求する声が上がっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中