鉢呂経産相辞任 「死の町」「放射能」発言で

印刷

   鉢呂吉雄経済産業相は2011年9月10日夜、野田佳彦首相に辞任を申し入れ、了承された。鉢呂氏は8日、東京電力福島第1原子力発電所の周辺の自治体を視察し、9日の記者会見で「人っ子1人いない、まさに死の町」と表現した。さらに記者団に「放射能をうつしてやる」といった趣旨の発言をしたとされ、非難されていた。

   鉢呂氏は10日夜に開いた会見で、自身の一連の発言を辞任の理由に挙げて、「福島県民のみなさまに多大の不信の念を抱かせ、心からお詫び申し上げる」と陳謝。一方で「放射能」発言については「ひとつひとつ定かな記憶がない」と話した。鉢呂氏は、就任9日目での経産相辞任となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中