野村、大和の株価逆転の謎 欧州の金融不安が差を生んだ?

印刷

   証券最大手の野村ホールデイングスの株価と2位の大和証券グループ本社の株価が2011年9月6日の東京株式市場で逆転し、その日の終値は野村291円、大和293円になった。8日終値は両社とも298円、週末9日の終値は野村299円、大和298円とほぼ並んでいる。

   1960~70年代は株価のデータを両社、東証も持たないため検証しにくいが、ともに1961年10月に上場して以来、「野村が下」となるのは初めてとみられる。市況低迷でどちらも経営環境は厳しいが、4~6月期連結決算は野村が177億円の最終黒字に対し、大和は94億円の最終赤字と、業績は大和の方が厳しいのだが、一体何が起きているのか。

時価総額でみると大和は半分以下

   両社の株価の差は7月ごろから、20~30円程度にまで接近する日もあり、「逆転もいずれ来そうだ」とみられていたが、実際に逆転してみると「いやー本当に行っちゃったねー。なんでなんだろ」(SMBC日興証券の中堅社員)などと、兜町の話題を独占した。

   ただ、「時価総額ではうちがはるかに上なんだし、逆転と言われてもねえ」(野村の若手社員)との声が聞かれるように、企業価値そのものが逆転したわけではない。9日時点の時価総額は野村の1兆1429億円に対し、大和は半分以下の5213億円にとどまる。

   とはいえ、上場以来、一定の株価の差を持ってバブルに向かって上昇し(上場来高値は1987年に野村が5990円、大和が3980円)、現在に向かって下降する同じような推移をたどってきた両社だ。年初(1月4日の終値)でも野村524円に対し大和が426円と98円開いていただけに、株価逆転は自然な流れとは言い難い。

投資ファンドの「買い支え」が投資家に一定の安心感

   直接の大きな材料は米国時間の2日、米連邦住宅金融局(FHFA)が、野村を含む大手金融機関17社に対し、住宅ローン担保証券(MBS)関連で損害賠償訴訟を起こしたことだ。FHFAは経営破綻したファニーメイ(米連邦住宅抵当公社)とフレディマック(米連邦住宅貸付抵当公社)の監督機関で、野村などが両公社にMBSを販売するリスクを十分に説明しない過失があったというもの。野村は20億ドル超(約1600億円)を販売しており、訴訟リスクから売りが先行した。

   「世界的に業務を展開する野村は、欧州の金融不安 などの業績への影響がより懸念された」(大和幹部)との見方も、そこそこの説得力はある。

   一方、大和が持ちこたえた理由として挙げられているのが、筆頭株主の米シカゴの投資ファンド、ハリス・アソシエイツの存在だ。大量保有報告書で2007年8月に初めてその名が登場。市場内で少しずつ買い増すペースを11年に入って上げており、8月5日提出の報告書では13.44%まで保有比率を上げている。

   「資産運用」を目的とするハリスの「買い支え」が投資家に一定の安心感を生んでいるだけでなく、「再編が近いのでは」との思惑も呼び、株価下落のカーブを野村より緩やかにした面もあるようだ。

   9月13日の両社の株価は、野村が前日比10円高の296円、大和が同8円高の297円だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中