ホテル学生アルバイト「財布から金抜き取る」 ツイッターにつぶやき犯行発覚

印刷

   ホテルの学生アルバイトがホテルのトイレで落とし物の財布からお金を抜き取った、と投稿して騒動となり、ホテル側が謝罪文を掲載する事態にまでなった。

   2011年8月6日、北海道札幌市の札幌グランドホテルで働いているという男子学生が、「グランドホテルのトイレに財布あってお金だけ取っちゃったなう!!めっちゃ手震えてるなう(笑)」「福沢諭吉さん1枚夏目漱石さん2枚 ...」「罪悪感なう」と投稿した。

被害者も特定、学生は警察に出頭

   明らかな違法行為の告白だが、これが9月14日、複数のネットメディアに報じられ、ホテルのサイト上にも「Web上の書き込みについて」という文章が掲載された。

「当該学生アルバイト社員が当ホテル従業員トイレにおいて拾得物に関する違法行為を行った事、そしてホテル名を出していたずらにホテルの信用を貶めるツイッターへの書き込みを行いホテルの信用を傷付けた事を重く見て厳正に処分を致しました」

   被害者も特定され、学生は警察に出頭、事件は解決したという。「本件によって、札幌グランドホテルをご愛顧頂いております全てのお客様に対してご迷惑ご心配をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

財布が落ちていたのは従業員用トイレ

   この学生は有名芸能人が宿泊した、といったこともツイッターに投稿していた。ホテルは今後について「直ちにホテル内全てのアルバイトを含めた従業員へのモラル教育及び個人情報漏えい対策を徹底し、ホテルに対するお客様の信用の維持回復を努めてまいります」としている。

   札幌グランドホテルによると、学生が財布からお金を抜き取ったのは、従業員用のトイレ。被害者の従業員は財布が見つかってすぐ警察に被害届を出していた。その後、9月初旬になって、ツイッターに上記の書き込みがあるとメールで連絡があり、犯人が発覚。被害者にお金が返され、被害届も取り下げられた。学生は解雇される方向で話が進んでいるということだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中