福島牛の県外出荷を再開 全頭検査の体制整う

印刷

   福島県産肉牛を県外で食肉加工する「生体出荷」が9月16に再開された。県が予備費1億2600万円を使って全頭検査の体制を整えた。

   出荷済み牛肉の検査結果が県外出荷の判断基準(50ベクレル)以下の肥育農家188戸の肉牛が対象で、東京、横浜など8都県の15施設へ順次出荷される。自治体や民間機関が検査し、国の暫定基準値(1キログラムあたり500ベクレル)を下回っていることを確認して、初めて流通する。

   一方、出荷の適期を過ぎた肉牛を買い上げる福島県の「全頭買い上げ事業」に対し、農家からの申し込みは約2500頭に上った。県は約1500頭と想定して約10億円の予算を組んでいた。不足される予算は7億円程度になる。

   福島県が9月15日に公表した35頭の牛肉のモニタリング調査結果によると、放射性セシウムはいずれも食品衛生法の暫定基準値を下回るか、検出されなかった。放射性ヨウ素は検出されていない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中