通学路などの除染本格化 環境省も支援態勢

印刷

   福島県の中通りなど、比較的高い放射線量が観測されている地域の自治体で、地域住民による通学路の除染活動が本格化している。

   放射線量低減化の活動を支援する福島県の補助金を活用した住民主体の通学路の除染作業が始まったのはまず川俣町。9月18日、鉄炮町・日和田地区自治会のメンバーが日本原子力研究開発機構の職員から作業手順や注意点などの指導を受けた後、約100人で全7行政区の通学路を除染した。

   除染前の放射線量は地上1メートルで平均毎時0.6マイクロシーベルト程度だったのが、除染によって毎時0.2マイクロ程度に下がったという。

   川俣町では、計画的避難区域を除く全ての通学路を11月中に除染する方針。

   一方、政府は福島県内の環境省の支所に常駐させる要因を大幅に増やして、自治体の除染への取り組みを支援する。数百人規模の増員を検討していて、地元から相当数を新たに採用する方針だ。通学路に限らず本格的に除染を進める態勢を整え、避難住民の帰宅など復興を加速させる狙いだ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中