通学路などの除染本格化 環境省も支援態勢

印刷

   福島県の中通りなど、比較的高い放射線量が観測されている地域の自治体で、地域住民による通学路の除染活動が本格化している。

   放射線量低減化の活動を支援する福島県の補助金を活用した住民主体の通学路の除染作業が始まったのはまず川俣町。9月18日、鉄炮町・日和田地区自治会のメンバーが日本原子力研究開発機構の職員から作業手順や注意点などの指導を受けた後、約100人で全7行政区の通学路を除染した。

   除染前の放射線量は地上1メートルで平均毎時0.6マイクロシーベルト程度だったのが、除染によって毎時0.2マイクロ程度に下がったという。

   川俣町では、計画的避難区域を除く全ての通学路を11月中に除染する方針。

   一方、政府は福島県内の環境省の支所に常駐させる要因を大幅に増やして、自治体の除染への取り組みを支援する。数百人規模の増員を検討していて、地元から相当数を新たに採用する方針だ。通学路に限らず本格的に除染を進める態勢を整え、避難住民の帰宅など復興を加速させる狙いだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中