「キングオブコント」敗れた鬼ヶ島 それでも開かれる「優勝祝賀会」の謎

印刷

   コント日本一を競う「キングオブコント2011」は、8組のファイナリストの中から、お笑いトリオ「ロバート」が優勝、4代目のキングの座を射止めた。

   2011年9月23日放送の決勝で敗れた7組は、ツイッターなどでファンに感謝のメッセージを送りつつ、悔しさをにじませるケースもあった。そのうちの1組「鬼ヶ島」は、決勝に臨む前にあらかじめ「優勝祝賀会」を準備していたという。どう「後始末」をつけたのか。

1回目の得票で3位につけるも…

   優勝したロバートは、2008年の第1回大会で決勝まで進んだものの優勝には届かず、09年は準決勝で敗退、10年は不参加で今回に雪辱を期していた。悲願達成にメンバーの山本博さんはツイッターで

「キングオブコント優勝させていただきました。ありがとうございます。 今のってるタクシーの運転手さんがお笑い好きで熱い握手していただきました!」

と素直に喜びを爆発させた。

   一方、敗れたファイナリストのひとつ、「鬼ヶ島」。09年優勝の「東京03」、10年優勝の「キングオブコメディ」と同じ事務所に所属しており、期待は高かった。決勝は2回の演目の合計点数で争われるが、1回目の得票で3位と好位置につけた。

   実は決勝前の段階で、優勝した場合にファンと喜びを分かち合おうと「優勝祝賀会」を企画したのだという。1回目のステージを終えた後、司会のダウンタウンの浜田雅功さんからも「祝賀会の会場を押さえているんだって」と紹介されていた。

   そして2回目、鬼ヶ島はコントを終え審査に臨むが、結果はその時点で3位、最終的には5位に終わった。優勝祝賀会は幻となったわけだ。

「反省会」へ衣替え

   既に日時も場所も発表されている祝賀会は、優勝を逃したことでどうなるのか。「鬼ヶ島」の大川原篤史さんは、ツイッターでファンに感謝したうえでこう「お詫び」した。

「ちなみにキングオブコント優勝祝賀会(仮)を予約してくださった皆様、大変申し訳ないのですが、そちらの件は見事にすっかりお忘れください!皆様にお食事をおもてなすことは不可能となったのであります!!」

   実はこの会、「鬼ヶ島」のお笑いライブを兼ねたもので、優勝した場合は飲食代が無料になるという企画だったのだ。大川原さんは続けて、

「祝賀会(仮)は反省会(決)になり、ご飲食は皆様どうか御勝手によろしくお願い致します!でも是非いらっしゃってくださいね!」

   と、飲食代について「オチ」をつけつつ、ちゃっかりライブの宣伝も忘れなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中