株主優待の企業、3年ぶりに増加

印刷

   株主優待を実施する企業が3年ぶりに増加していることが、大和インベスター・リレーションズ(大和IR)の調べでわかった。

   大和IRによると、2011年9月21日時点で実施している企業は1038社で、昨年9月末と比べて20社増えた。上場企業全体に占める実施率は28%台となり、ここ10年で最高になった。

   株式相場の低迷が続いており、個人投資家への関心を高める狙いがある。大和IRは「企業の個人重視の姿勢が強まっている、その表れ」とみている。

   株主優待制度は自社製品やギフト券などを株主に贈るケースが多いが、最近は株主優待相当額を日本赤十字やユニセフなどに寄付する「社会貢献型」が増えている。今年は東日本大震災の被災地へ義援金を寄付する企業もあり、日清食品ホールディングスやダスキンなど16社を数える。

   株主優待のある企業は2008年のリーマン・ショック以降の09年から2年連続で減っていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中