有名人ご愛用「ニンニク注射」は効くのか 医師は「勧めない」過半数

印刷

   「疲れが取れる」などとしてスポーツ選手やサラリーマンに愛用者が多い「ニンニク注射」だが、意外にも医師からは「食べて寝ていればよい」などと、必ずしも肯定的な声は多くない様子だ。このほど、Q&Aサイトが医師に100人に対して行ったアンケートで、こんな結果が明らかになった。

   アンケートによると、世間では注目されている健康法の中にも、医師からは効果を疑問視するものが多い。かえって悪影響を指摘する声すら上がっている。

清原や朝青龍も愛用

   ニンニク注射が話題になりだしたのは、00年代初頭。ビタミンB1を中心に、ビタミンB2、B6などを配合。ビタミンB1は、疲労した時に体内にたまる乳酸を分解するのに役立つと考えられている。注射の中にニンニクが含まれているわけではなく、ビタミンB1が鼻の粘膜に達したときに硫黄のような臭いがすることから、「ニンニク注射」の名前が付いた。「ニンニク注射」は、特定の製品名ではなく、使用している病院ごとにビタミン剤の調合を変えるなどして、効き目の違いをアピール。健康保険はきかない。利用者からは「疲れが取れた」との体験談も多く、著名人では元巨人の清原和博選手や、元横綱の朝青龍関が愛用者として知られている。

   ところが、医師の受け止め方は若干違うようで、やや冷ややかだ。医師に相談できるQ&Aサイト「アスクドクターズ」が2011年、医師100人に対して

「先生のご家族や親しいご友人がにんにく注射を望んだ場合、賛成しますか?」

とアンケートを行ったところ、「強く賛成」または「賛成」と回答した人は全体の20%なのに対して、「反対」「強く反対」と答えた人に割合は59%にのぼった。

   ニンニク注射に肯定的な意見としては

「きちんとした製剤で水溶性ビタミン複合剤なら可」
「あまり害はないと思う」
「自分で行っている」

と、ある程度の効果を認めるものが多い。一方、否定的なものとしては

「不必要な処置だから」
「食べて寝ていればよい」
「毒ではないが効果不明、食べればよい」

といったものがあった。積極的に否定するというよりは、効能を疑問視する、または「わざわざ、そこまでする必要はない」といった人が多いようだ。

「ビリーズブートキャンプ」も「勧めない」が多数

   だが、ニンニク注射がドーピングだとして問題化したこともある。例えば09年には、中日ドラゴンズの吉見一起投手が疲労回復を目的にニンニク注射を受けていたとして問題化した。日本プロ野球組織(NPB)では07年以降、「治療行為として合理的な理由がある場合」以外の静脈注射は禁じられているためだ。だが、このケースでは

「医師の診断に基づいて、医師が治療している。カルテには診断名も記載されている」

として、規定違反とはならなかった。いわば、ニンニク注射が正当な治療行為として認められた形だが、治療の対象となった具体的な病名については、守秘義務を理由に明らかにされなかった。

   なお、前出のQ&Aサイト「アスクドクターズ」のアンケート結果では、世間に人気のある健康法に疑問を投げかけるものが多い。例えば、一時期流行った「ビリーズブートキャンプ」については、「勧めない」「絶対勧めない」とする声が64%。勧めない理由としては、

「リバウンド後さらに状態悪化する危険性あり」
「高齢者等には運動強度が強すぎる」

と、健康上のリスクを指摘する声もあがっている。

   加圧ダイエットについても70%が「勧めない」「絶対勧めない」という意見で、

「内臓機能障害の危険性あり」
「血栓症などがリスク」

といった声が寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中