避難準備区域は9月末で解除

印刷

   東京電力福島第一原発から20キロ~30キロ圏内に設定された緊急時避難準備区域は9月30日、対象の5市町村でいっせいに解除される見通しとなった。今後は除染が大きな課題となる。松下忠洋・経済産業副大臣が26日、南相馬市、楢葉町、川内村の3市町村長に会って方針を伝えた。30日に開かれる政府の原子力災害対策本部会議で正式決定する。

   地元紙によると、松下経産副大臣と各市町村長との会談は非公開で行われた。3首長は、全住民の帰郷実現への決意と除染に取り組む覚悟を語ったあと、国が最後まで責任を持って地元の取り組みを支援するよう求めた。残る田村市と広野町との意見交換も28日に予定されている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中