経団連会長「東電への要求は一方的」 枝野経産相発言に反論

印刷

   経団連の米倉弘昌会長は2011年9月26日に記者会見で、枝野幸男経済産業相が東京電力の役員報酬や給与を公務員並みに引き下げるべきだとの認識を示したことについて「要求があまりにも一方的だ」と批判した。さらに、「原発は政府が安全基準からオペレーションまで、深く関わってきた」とした上で、「賠償問題は国が前面に立ってやるべきだ」と主張した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中