「2700」の八十島がブログ炎上に逆襲 「人を傷付ける時には慎重にね」

印刷

   お笑いコンビ「2700(にせんななひゃく)」の八十島弘行さん(27)のブログが「大炎上」している。

   騒動の起こりは2011年9月23日に行われたコント日本一を決める「キングオブコント2011」。「2700」は準優勝と健闘したが、ブログに「面白くなかった」など否定のコメント来た。八十島さんは激怒し、「直接会いにこい! 吉本の劇場に遊びにこいバカタレ!」などと書いたため反感を呼び1万超のコメントが殺到。さらに八十島さんがブログで「反論」する騒ぎになっている。

今回のネタは「会心の作」だった

   八十島さんは「キングオブコント2011」の翌日、

「直接おれのブログに、文句をいいつけるなんて、それが真っ当な人間のする事か!」

と綴った。コントが面白くなかったと感じるのは勝手だが、それは友達や同僚と議論したり、八十島さん自身に直接伝えること。顔もみせずブログに否定コメントを書くのは邪道であり、会いに来る勇気がないのなら

「自分のノートにびっしり書き込め!!そしてそれを机の引き出しにしまうか、もしくは、棚にしまえ!」

と書いた。今回のネタは八十島さんが書いたもので自分としては会心の作。いろんな人に面白いと褒められている。

   するとこのブログのコメント欄に批判が殺到。「ファンを馬鹿にしている」などとし、謝罪を求めるなど1万件以上も殺到した。

   八十島さんは9月27日にコメントの量が半端なく多いとし「有名になるやんけ!!」とブログを更新。コメントの中には勇気づけられるもの、厳しいけど愛のあるもの、自分の人間の小ささを考えさせてくれるコメントがあった、と感謝した。しかし、人を傷つけることを目的としたものが散見されるとし、そういう人にはフランス童話の「田舎のケーキ屋」を読んでもらいたいと、あらすじを書いた。

わざわざアンチ煽る書き方はやめた方がいい

   その物語は、美味いと評判のケーキ店が町の王様に認められさらに売り上げがアップ。ケーキ店の主人はもっと美味しいケーキを作ろうと努力した。ある日主人が店に行くと店の壁に「まずい」「ケーキ作るな」「店つぶすぞ」などの落書きがクレヨンで書かれていた。数日後、原因不明の風邪が流行し、酷い症状になったのは悪口を書いた人たちだった、ということなのだそうだ。八十島さんは

「こんな恐ろしい話しもあるくらいなんやから、人を傷付けようとする時には慎重にね」

と締めくくった。

   このブログにもコメントが殺到し「炎上」状態になっている。批判だけでなく八十島さんを応援するコメントや、ブログを「炎上」させるのはやめて欲しいと懇願するものも多い。

「ネタが面白くないからって炎上したりしねぇんだよ。ブログに問題あるんだよ。それにわざわざアンチ煽るなって」
「自分に批判的な人間には暴言を、じゃあ、成長しないよ」

などのアドバイスも結構多く書かれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中