異郷の地でのお彼岸 転入被災者のイベント開催【岩手・花巻】

印刷
献花する沿岸被災者の皆さん=花巻市愛宕町の妙円寺で
献花する沿岸被災者の皆さん=花巻市愛宕町の妙円寺で

(ゆいっこ花巻;増子義久)

   東日本大震災の被災者で花巻市内に転入した人たちを対象にした追悼供養が24日、同市内の妙円寺で開かれ、約80人の被災者が犠牲者の霊に手を合わせた。「沿岸の集い―Part3」と名付けたイベントで、「震災支援ネット・北海道―オンコのかけはし」と「ゆいっこ花巻」が共催した。


   妙円寺の林正文住職の読経の後、参列者一人ひとりが献花。大槌町から転入した松崎豊司さん(75)が「故郷を遠く離れた地でお彼岸の供養ができたことに感謝したい。みんなの力を結集して故郷の再建を霊前に誓いたい」とあいさつした。


   この日は北海道赤平市のNPO法人「赤平市民活動支援センタ-」(佐藤智子理事長)の会員のほか一般公募のボランティアを含めた21人がホルモンや豚肉などを煮込んだ名物の「がんがん鍋」や獲れたての新じゃがなどを振る舞ったほか、冬もの衣類など冬を前にした救援物資を提供した。


   「ゆいっこ花巻」は今後月に1回程度、転入被災者が一堂に会するイベントを開催し、異郷の地での生活を余儀なくされている人たちの支援に力を注ぐことにしている。

がんがん鍋などのもてなしに大喜びの沿岸被災者の皆さん=妙円寺で
がんがん鍋などのもてなしに大喜びの沿岸被災者の皆さん=妙円寺で
冬物の物資提供に沿岸被災者の皆さんは「これから寒くなるから有難い」と口をそろえた=妙円寺で
冬物の物資提供に沿岸被災者の皆さんは「これから寒くなるから有難い」
と口をそろえた=妙円寺で


ゆいっこ
ゆいっこネットワークは民間有志による復興支援団体です。被災地の方を受け入れる内陸部の後方支援グループとして、救援物資提供やボランティア団体のコーディネート、内陸避難者の方のフォロー、被災地でのボランティア活動、復興会議の支援など、行政を補完する役割を担っております。
ゆいっこは、「花巻」「盛岡」「北上」「横浜」「大槌」の各拠点が独立した団体として運営しておりますが、各拠点の連携はネットワークとして活用しております。
■ホームページ http://yuicco.com/
■ツイッター @iwate_yuicco

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中