薄型テレビの販売額、9月は過去最大の減少

印刷

   薄型テレビの販売減少が続いている。調査会社BCNに取材したところ、2011年9月の薄型テレビの販売台数は、前年同月比で52%減と大きく落ち込んだ。8月に引き続き、2か月続けて前年同月を大幅に下回っている。また9月は販売額ベースでも過去最大の減少を記録したという。

   BCNによると、昨夏は「家電エコポイント制度」効果もあって販売がとりわけ好調だったことから、今夏の落ち込みが際立つ結果となっている。7月の地上デジタル放送への移行に伴う「地デジ特需」が一段落したことも、販売数の減少に拍車をかけた。

   10月以降も、前年同月との比較でみると減少傾向が続きそうだ。昨秋は、12月からエコポイントの付与が半減すると決まったことで「駆け込み需要」が起きており、今秋は売れ行きが不振となるというよりも「通常に戻ったと見た方がよい」とBCNは説明している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中