2回目の大震災シンポ 10月15日、東京で

印刷

   NPO法人「日本医学ジャーナリスト協会」は10月15日、東日本大震災を踏まえて2回目の公開シンポジウム「地域医療の復興~ジャーナリストと医療者の役割を考える」を東京で開く。

   同協会は新聞、雑誌、放送などの記者やOB、医療関係者らが参加する組織。今年4月の公開シンポジウム「大地震でジャーナリスト、医療者はどう動いたか」の続編だ。岩手医科大学学長の小川彰氏、宮城県・坂総合病院院長の今田隆一氏、埼玉医大客員教授の大西正夫氏(元読売新聞記者)らが話す。司会は中村雅美・江戸川大学教授(元日経新聞記者)。

   13時から16時まで、東京・内幸町の日本プレスセンター内、日本記者クラブ会議室で。参加費2000円。問い合わせ・申し込みは、協会事務局(電話03-5561-2911、ファクス5561-2912)へ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中