中国で「偽iPhone5」早くも出回る 「パクリ」が本モノを出し抜いた

印刷

   中国・福建省福州市で、Apple社の「iPhone5」偽造品61点が押収された。

   iPhone5は発売どころか、発表もまだされていない。パクリ商品がついに本家を出し抜いてしまった。

   2011年10月3日付の新華社の報道によると、工商行政管理部門が市内のデジタル製品販売市場を抜き打ちで検査したところ、「最新のiPhone5」とうたった商品を300元(約3600円)で販売しているのが見つかった。裏にはAppleのロゴがあったという。商品名は明らかにされていない。

たびたび出回る「劣悪iPhoneモドキ」

中国のショッピングサイト「陶宝」で販売されているニセiPhone5。背面の写真にはなぜかモザイクが
中国のショッピングサイト「陶宝」で販売されているニセiPhone5。背面の写真にはなぜかモザイクが

   本物の「iPhone5」はまだ発売日も決まっていないにもかかわらず、「偽造品」が押収されるのは異例だ。

   中国ではこれまでも多数の偽造スマートフォン製造・販売が発覚している。すでにシリーズ化されており、「ニセiPhone5」も扱っていた「hiPhone」をはじめ、見た目はiPhone4そっくりの「GooApple 3G」、Eメールが送れない「ciphone」、動作は問題ないが「htc」のロゴを入れてしまっているのが惜しいニセAndroid携帯などだ。

   これらの偽造品は通信速度やタッチパネルの反応など、本家をしのぐほどの性能の商品もあるが、インターネット接続すらできない、液晶がゆがんでいるといった劣悪なものも多い。いずれも「本物モドキ」の類だ。

   偽物は商品だけではない。2011年7月には、ロゴやインテリアなどをそっくりまねた「偽アップルストア」が閉鎖を命じられている。

中国人も「本物買ったほうがいいよ…」

   中国では、こうしたニセスマートフォンが人気らしい。本物そっくりの見た目のものが安く手に入れられるから、というのが理由と考えられる。「hiPhone5」はネット販売で飛ぶように売れていると報じられたほか、インターネット掲示板「百度貼巴」でも「ciphoneはどの機種を買うべき?」というスレッドや、ニセスマートフォンの操作方法を質問する書き込みが多く見られる。ただ、「お金貯めてAppleのiPhone買ったほうがいいよ」とアドバイスする人もいて、みんなが良しとしているわけではないようだ。

   ちなみに2ちゃんねるユーザーは、「ニセiPhone5」押収について

「ついにAppleより先行しやがったなwwww」
「まだ現実に無いものを作り出したらそれは創造なんじゃないかwww」
「出てないんだからニセも糞もないだろうwwwwww」

と、たいそう面白がっている様子だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中