「雁夜おじさん」がネットで爆発的人気に 「フェイト/ゼロ」が「まどか☆マギカ」超えた

印刷

   初回が放送されたばかりのアニメ「Fate/Zero(フェイト/ゼロ)」のキャラクター・間桐雁夜(まとうかりや)が異常人気になっている。

   掲示板「2ちゃんねる」の人気のスレッドを測る「2ちゃんねる勢いランキング」では、美少女の萌えキャラクターが人気の上位を独占してきたが、2011年10月6日の昼時点で間桐がトップに。制作したアニプレックスはこの人気に応え、急遽、「雁夜おじさん」のイラストを公式ホームページに掲載した。

幼い姪を救い出すため死体のような体にされた

   「勢いランキング」というのは、1つのスレッドに1日当たりどれくらいの数の書き込みがあったかでランキングが決まる。その「アニメキャラ個別」を見ると1位が「間桐雁夜 余命3週間」、2位が「間桐雁夜 余命2か月」となっている。1位の常連だった「まどか☆マギカ」の巴マミや暁美ほむら、美樹さやか、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の高坂桐乃を抜いた。男性キャラが上位に来るのが珍しいばかりか1位、2位を独占した、などとネットで騒ぎになった。

   アニメ「フェイト/ゼロ」は11年10月からTOKYO MXなどで放送が始まった。もともとは虚淵玄さん原作の伝奇小説(ライトノベル)で、06年にシリーズの一部「Fate/stay night」がテレビアニメ化。10年には劇場映画も公開された。「フェイト/ゼロ」は「Fate/stay night」の10年前の世界を描いたスピンオフ作品となっている。

   第一回目に放送された内容は、何でも願いが叶うとされる「聖杯」を得るための「聖杯戦争」への準備が描かれた。戦争に参加するのは7人の魔術師で、この魔術師はサーバント(使い魔)と契約し死闘を繰り広げることになる。その1人が間桐雁夜だった。

   雁夜は戦争に参加するのを嫌い一般の人間として生活していたが、海外出張から帰国したときに、「雁夜おじさん」と慕っていた幼い姪が、自分の代わりに将来の戦争のため「生け贄」にされ人生を奪われることを知る。姪を奪い返す条件として自分が戦争に行くことを約束する。

アニプレックスがHPに急遽イラストを公開

   魔術師として卓越した才能を持つ雁夜だったが、魔術との関わりを断っていたため1年後に行われる戦争に参加するのは不可能だった。それでもなんとか参加できる状態まで仕上げたときには、死体のように無惨な姿に変わっていた。そして「余命1ヶ月」を宣告される。

   ネットでは今、「おじさんガンバレ!!」の大合唱が続いていて

「余命一カ月の花嫁よりもよっぽど感傷的になれる不思議さ。かわいそすぎた」
「可愛い幼女の為なら頑張れる!!これは真理、命だって張れる」
「雁夜おじさんをロリコン扱いする奴は俺が許さないよ!」

などの書き込みがネットに出ている。

   アニプレックス広報によれば、雁夜の人気が高いことを受けて「フェイト/ゼロ」の公式ホームページのニュース覧に、雁夜と、雁夜が救った姪の桜のイラストを9月5日付けで急遽アップした。イラストには「この画像を求められている気がした」という説明が付いている。もともと「フェイト」シリーズの人気が高いため放送前から注目されていたアニメであることや、雁夜が今のところ最もヒーローらしく描かれていること、そして少女を助ける姿に共感が集まったために一挙に人気が爆発したのではないか、と説明している。この「フェイト/ゼロ」は日本以外の8ヶ国語の字幕付きで配信することになっていて、世界中にファンを広げそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中