米の占拠デモ、首都ワシントンに拡大

印刷

   米ニューヨークのウォール街で続いている格差社会や高い失業率に抗議する活動が、現地時間2011年10月6日に首都ワシントンにも広がった。「ワシントンを占拠せよ」のスローガンの下、ホワイトハウス近くの広場に参加者が集まり、その数は数千人を超える規模に膨れ上がった模様だ。

   オバマ米大統領は一連のデモについて「米国民の不満の表れだ」と、一定の理解を示すコメントを出した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中