景気さえないのに金持ちは元気だ 100万円超える時計や宝飾品売れている

印刷

   高級時計や宝飾品などの高額商品が売れている。東日本大震災後に広がった自粛ムードと、中国などからの外国人観光客の急減で百貨店などの高額商品は一時、さっぱり売れなくなった。

   しかし震災から半年が過ぎて、抑えていた消費意欲にじわりと火がついたようだ。

「2000万円高級時計も売れた」

   大手百貨店の2011年9月の売上高(速報値)は、4社のうち3社が前年同月比でマイナスとなった。

   三越伊勢丹ホールディングス(HD)は前年同期比1.1%減。伊勢丹新宿本店と三越銀座店が前年実績を超えたが、三越日本橋本店が4%減だった。高島屋は、婦人服や紳士雑貨などが約5%減と振るわず、1.8%減となった。そごう・西武は0.6%減だった。

   三越伊勢丹とそごう・西武は震災のあった3月以来、半年ぶりの減少。Jフロントリテイリング(大丸松坂屋)は1.5%増と健闘した。

   全体の売上げが振るわないなかでも、高額商品の販売は「別物」だ。三越伊勢丹HDは、宝飾品や時計などの売り上げが伊勢丹新宿本店で17%増、大丸松坂屋も美術品が11.6%増と、ともに2ケタ増。高島屋も美術品が7.2%増と好調だった。大丸松坂屋では、紳士服や呉服品、高級ブランド品も売上げを伸ばした。

   そうしたなか、三越伊勢丹HDは「高級時計の売れ筋はブランド品の機械式の新商品で、100万円超のものが売れています。2000万円もの高額品の購入もありました」と話す。宝飾品も100万円以上が売れ筋で、「こうした状況は7月以降から続いています」という。

   購入者の多くは、震災後の自粛ムードの中で買い控えていたと思われる富裕層。「給与所得者などの顧客層の動きが鈍く、(富裕層が)突出しています。これまで、こんな動きをすることはありませんでした」(三越伊勢丹HD)と驚いている。

   外国人観光客も戻り、「ブランドのバッグや洋服などを買っていく」。欧州の財政危機などを背景とする円高で不安があるものの、外国人観光客の売り上げは伊勢丹新宿本店の売上げベースではすでに前年を超えているという。

4~9月期の輸入車は前年同期比19.2%増

   高級外車の売れ行きも好調だ。日本自動車輸入組合が10月6日に発表した4~9月期の輸入車新車登録台数は、前年同期比19.2%増の14万1919台だった。2年連続で前年実績を上回った。このうち、外国車メーカーの輸入台数は10.2%増の10万5102台。アウディやMINIは20%以上増加した。

   輸入車販売大手のヤナセによると、買い替え需要を中心に、300万円から1000万円に新型モデルの動きが活発。「これまで震災などで様子をみていた輸入車オーナーなどが買い求めています」と話す。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中