ローソン新浪社長「TPPに賛成」 コメは当面除外

印刷

   ローソンの新浪剛史社長は、2011年10月13日の決算発表記者会見で、環太平洋経済連携協定(TPP)について、基本的に賛成との考えを明らかにした。「日本の課題は、福祉、医療、農業をビジネスとして成立させること。農業改革やTPPは進めるべき」とコメントした。ただし、コメの関税排除については当面除外し、じっくり対策を練ったほうがいい、と述べた。

   会見では、ローソンが小売業から製造小売業へシフトしていくことを強調。中間流通の役割はもはや必要ないとし、「ローソンファームで生産している野菜をはじめ、コメや畜産といった原材料を直接確保し、生産現場と売り場を直接つなげたい」と話した。

   今後は高品質な女性向け商品の開発と、生鮮食品を充実させた「生鮮コンビニ」の拡充を図り、新規顧客を開拓する方針。「生鮮コンビニ」は8月末時点で約4200店舗展開しているが、今期末までに5000店舗に増やす予定だ。原料調達、商品開発、仕入れには、共通ポイントプログラム「Ponta(ポンタ)」の約3500万人の会員データを活用していくという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中