秋葉原事件が映画に 蓮佛美沙子さん主演

印刷

   「秋葉原無差別殺傷事件」が映画化され、2012年春に公開されることが明らかとなった。

   タイトルは「RIVER」。事件で恋人を失った女性を主人公とし、心を閉ざしていた彼女が秋葉原で出会う女性カメラマン、メイド喫茶で働く女性やスカウトマン、地下道で暮らす青年といった人々との出会いを通して前向きに歩き出すまでを描く。監督は「ヴァイブレータ」「余命一カ月の花嫁」などの廣木隆一さん、主演は蓮佛(れんぶつ)美沙子さん。ほか根岸季衣さん、田口トモロヲさん、小林ユウキチさん、菜葉菜さんらが出演する。

   2011年11月19日~27日まで開催される「東京フィルメックス」で特別招待作品として上映され、12年3月から順次全国で公開される。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中