大島優子がドラマで「処女宣言」 なぜかファン歓喜の異常事態

印刷

   国民的アイドルグループだというAKB48の大島優子さん(23)が、出演するドラマの中で「処女宣言」するシーンがあった。ドラマの世界の中で大島さんがそういう役柄を演じているだけにもかかわらず、何故かファンが歓喜するという異様な事態になっている。

   2011年10月17日、月9ドラマ「私が恋愛できない理由」(フジテレビ)の第1話が放送された。

「私なんか……バージンなんだから!」

   恋愛がなかなかうまく行かない今時の女性3人がルームシェアをするというストーリーで、大島さんはそのうちの一人、派遣社員の半沢真子として出演した。

   真子は真面目で、恋愛にも奥手という設定。第1話では、片思い中の男性宅に行き、下着姿でベッドに入っても、「ごめんなさい……、私やっぱり……」と帰ってしまうシーンもある。

   問題の「処女宣言」があったのはこの後だ。同居人の藤井恵美(香里奈さん)、小倉咲(吉高由里子さん)の2人がふとしたことから喧嘩を始め、それを止めるために真子が

「なに言ってるんですか!先輩なんか私より全然いい方じゃない! 男ができなかったって 恋愛不感症だっていいじゃないですか! 私なんか……、私なんか……、バージンなんだから!」

と言ってのけた。

「処女宣言きたああ」「優子バージン発言キターーー!!」

   もちろん、大島さん本人が「バージン」という意味ではなく、大島さん演じる真子にそういう台詞があっただけだ。しかし、ドラマを観ていた大島さんのファンは大喜び。2ちゃんねるの大島さんファンスレッドにはこのシーンの直後、

「優子バージン発言キターーー!!」「処女宣言きたああ」
「優子はバージンなのかぁぁぁ!」「大島優子23歳、まだ誰のものでもありません」

といったコメントが殺到。その後も、男性が「やっぱ処女は重いよな」と話しているのを真子が立ち聞きして落ち込むシーンがあり、「処女は重くない!」「優子に重いって言ってみたい」といった書き込みが寄せられた。「ドラマの設定だからw」という冷静な見方も一部あったが、ちょっとした「祭状態」となった。

   ちなみに実際の大島さんはというと、真偽は不明なものの「週刊文春」(2011年10月13日号)の記事に中3のときに付き合っていた元カレが登場。「優子は別の先輩と経験済みだったから、少し先に進もうとしたんだけど、ガードが堅くて断られちゃった」と証言したという。

   大島さんの迫真の「処女宣言」がよかったのか、それとも他の出演者や脚本がよかったのか、ドラマ初回の平均視聴率は17.0%(関東地区 ビデオリサーチ社調べ)と、なかなか好評だったようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中